未分類

23歳童貞の僕が舐め犬なった理由

最初に

こんにちは。私はtwitterで"舐め犬しんや(@gnkbnt)"として活動をしている"しんや"と申します。

僕は現在の活動をする23歳まで、ゴリゴリの童貞でした(笑)
超絶真面目で国立大学の大学院にまで行ってましたし、
真面目すぎて遊ぶこともあまりせず、勉強ばっかりしてました。

今回はそんな超絶真面目系童貞がどうして女性の股間を舐めまくるまでになったのかを語っていきたいと思います。

 

当時の僕

僕は真面目過ぎて勉強ばかりやっていた結果、
年齢=彼女いない歴というゴリゴリの童貞となっていました。
正直、顔もそんなに悪くなかったと思いますし、
そこそこオシャレだったのでモテないこともなかったと思います。

しかし、この当時の僕を埋め尽くしていたのは

①心から愛した人でなければ付き合ってはいけない
②自分に持つ強い劣等感

この2つでした。

①を持っていたので、気軽にご飯行くのも少し抵抗があったし、
少し自分に気があるかもしれない女性からお誘いが来ても躱したりしてました。

今なら
「仲良くなってからじゃないと好きになれるかもわからないじゃない?」
と思うのですが、当時の僕はそういった前段階からシャッターをガラガラと降ろしてしまっていました。

②は昔から凄まじいマイナス思考で
「あぁ、あんなイケメンと比べたら自分はなんてダメなんだ」
「その人はあんなにスポーツが出来るのになんで自分はできないんだろう」

と常に自分の悪いところを探し、それを卑下するような人でした。
そして、勝手に「あの人には自分よりもふさわしい人がいる」
と身を引いちゃうback numberのボーカルか!!(笑)
とツッコミを入れたくなるような感じでした。

 

きっかけ

そりゃ、付き合えないよなぁと思うのですが、
そんな当時の僕にも好きな人ができます。

バイト先の女の子だったのですが、
少しいい感じで話したりして、仲良くしてた時期もありました。

今思えば、ゴリゴリ童貞丸出しの不可解なコミュニケーションだったかもなぁと思うのですが。。。

そして、何を思ったのか、当時の僕は急に告白しようと決意します。

僕「あなたのことが好きです。付き合ってください。」
女性「すみません。」

当然ですよね。。。
しかも、その後も気まずくなったり、
少しきつく当たられたりもして、すっかり傷心状態でした。。。

僕「童貞捨てた方がいいのかなぁ」
童貞なのでモテないのでは?と思った僕は童貞を卒業しよう決意します。

しかし、ゴリゴリ真面目くんである僕は風俗という発想はなく、童貞卒業の方法を必死でリサーチします。
そこで見つけたのが某大手出会い系サイトでした!!

 

新たな問題

早々に出会い系サイトの登録を済ませ、
ろくに使い方も僕は大人の掲示板で募集している人に片っ端から連絡していきます。

「童貞です。卒業させてください!」

なんだかよく分からないまま使っているので、
返事も専門用語が飛び交っており、訳も分かりません。
そこである女性から返信がきます。

女性「フェラだけだったらいいよ。」
僕 「お願いします!!」

指定されたのは少し離れた高台にある住宅街の端っこの比較的大きな公園でした。
僕は初夏の真夜中に、チャリンコを必死に漕いで、急いで坂を駆け上がっていきます。
心臓がバクバクします

僕 「着きました!」
女性「すぐ行くから、少し待ってて」

待ち合わせの場所に着いたのは、スラぁとした小柄の細くて綺麗な女性でした。
僕にはその女性が天使に見えました。
多分20台半ばから20台後半くらいで、とてもいい匂いがいました。

僕「すごく夜景が綺麗ですね」
そう、高台に位置する公園なので、下の市街地が一望できます。
あたりが夜なので眼下には夜景が広がり、とても綺麗でした。

女性「そ、そうだね。どうやってきたの?」
僕 「チャリで」
女性「ちゃ、チャリ??」
どうやら、こんな関係で会う人で、
夜景の話をする人もチャリで来る人も初めてみたいで
女性はとても驚いていました。

その流れで、これまでの経緯を話しました。
女性は一生懸命話を聞いてくれました
話終わると。。。

女性「じゃぁ、フェラする?」
僕 「は、はい!」

もの影に隠れ、ズボンをぐいっと落とされます。
女性が持参したウェットテッシュでものを丁寧に拭かれます
めちゃくちゃ緊張しましたし、
まちゃくちゃ興奮しました、
ついさっきまで話していた綺麗な女性があんなことを、、、

そして、女性がものを咥えようとします。そしたら、すぐっ

「ビュっ!!!!」

そう、僕は超絶早漏男子だったのです。。。

 

問題解決へ

帰り道、下り坂だったので気持ちよかったです。
とても、新鮮だったのか女性が電話をくれて、話しながら帰っていました。

女性「あんなに早くイく人初めて見たよー(笑)」
とすごく驚いているようでした。
そして、夜景のことを言う人もしっかりと誠実に話す人も初めてだったと言ってくれました。同時に、君ならきっと、ちゃんと童貞卒業できるよと後押しされました。

そう言われたのは嬉しかったのですが、僕としては凄まじい不安に襲われます。
「このままでは早過ぎて卒業できない!!!」

早いのは自覚していたのですが、
正直オナニーが一番気持ちいいと周りから聞いていたので、女性とするときは、イくまで時間がかかると思っていました。

それがほとんど触れられずにイくとは。。。。
マズいっ!!!!

それから何回か掲示板で逢瀬をしました。
しかし、やはり入れることなくイってしまう。。。
何回か経験を重ねて、入っても秒でイってしまう。
これって、卒業ってことでいいのか??

ここであまりにも早いので、目標が入れ替わります。
今後自分に彼女ができた際、絶対に満足させてあげられない。

「前戯の技術を磨かなきゃ!!」
そう、性癖としてとしてではなく、戦略的にクンニへの目覚めた瞬間でした。

 

女性からの学び

そこで僕は舐め犬掲示板と出会いました
そこでゴリゴリの童貞(?)だった僕は綺麗な20台くらいの女性と出会いました。

そんな僕に色々丁寧に教えてくれて、気持ちいいクンニの仕方
膣の触り方などなどを学びました。

それまでの前知識がない僕は、女性の言うことを素直に実践していきます。

「そうそう、上手上手。。あぁ気持ちい」
そう言われるのが嬉しくて、彼女から一生懸命勉強しました。

そして、女性に気持ちよくなってもらうことへ喜びを覚え、クンニや前戯が大好きになりました。

思い返せば、その後の舐め犬活動を問題なくできたのは、彼女のおかげだと思います。
そうして、僕は次第に舐め犬の活動へ傾倒していくようになります。

 

最期に

以上で僕の舐め犬になるまでは終わりになります。

童貞の卒業は少し遅かったけどそれはそれでよかったのかなぁと思ってます。
だからこそ学べたこともありますし、それがあったから今の僕がいます。
なので、卒業が遅くて悩んでいる人がいたら

「自分のタイミングでいいんじゃない?」
といってあげたいです。

また、舐め犬の活動をしていると様々な性の問題に直面します。
処女、性の不一致、レスなどなど

自分が性に関する問題で悩んでいたからこそ、
僕の出来る範囲で、すこしでも力になれたらなと思っています。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

 

ご要望は以下の連絡先までお願いします。
twitter:@gnkbnt
カカオ:ggp33
メール:vvvttr1992@gmail.com
フォーム:ux.nu/SX46N

-未分類

Copyright© 福岡の舐め犬しんやのブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.